吉岡里帆さん主演の「ケンカツ」第4話が放送されましたね。

先回は、不正受給が発覚した受給者世帯に、知識不足で軽はずみなことを言ってしまったり、不正受給分徴収に関してなかなか納得してもらえなかったえみるでしたが、受給者家族に寄り添い、なんとか徴収の同意を得ることができました。

毎回少しずつ成長していくえみるの姿に励まされますね。

さて今週はどんな受給者家族がえみるを待ち受けているのでしょうか?

早速あらすじから見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ「健康で文化的な最低限の生活」第4話のあらすじ



第4話:シングルマザーの孤独…チームで救え!

今回は、七条(山田裕貴)が担当する受給者で、子育てに就職活動に精力的なシングルマザー・岩佐朋美(安達祐実)が突然音信不通になってしまうというストーリー。

利用者との関わり方の違いから、えみると七条が言い合いになってしまいます。

さて、岩佐が音信不通になってしまった理由とは?

えみると七条は、岩佐を救うことができるのか?

そして、元妻が亡くなったという手紙を読んだ阿久沢(遠藤憲一)は、今後どうなってしまうのか?

早速ネタバレ行ってみましょう!

スポンサーリンク

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」第4話の前半部分(ネタバレ注意)

出典:https://www.ktv.jp/kbss/