【インベスターZ】の第8話が放送されました!

投資のお勉強の時間ですよ〜。

前回は蓮(岩井拳士朗)の叔母で保険のおばさん・真知子対財前父の回でしたね!

結局保険に入ってしまうことになった財前父。

家に訪問し、家にあるものなどからお客様の趣味などを把握することに長けたおばさんの粘り勝ち!?

第8話ではどんな財テクが学べるでしょうか。

早速あらすじから見ていきましょう!

「インベスターZ」を視聴する方法はこちら

スポンサーリンク

ドラマ【インベスターZ】第8話のあらすじ

第8話:〜今こそ立ち上がれ!居抜きビジネス最前線!〜

渡辺隆子(柳美稀)の母親・香里(MEGUMI)が、喫茶店を始めるらしい…。

手軽で安いコーヒーが至る所に溢れ、こだわって探せば、値段は高いが希少なコーヒーが飲める。

1番の問題は、家庭でもそこそこ美味しいコーヒーが飲めること。

コーヒー業界の現状は厳しくなっており、投資部のみんなもこの時代に喫茶店はオススメできないと言う。

しかし香里の意志は固く…。

さて、香里は喫茶店を無事オープンできるでしょうか!

それではネタバレ、行ってみましょう!

スポンサーリンク

ドラマ【インベスターZ】第8話の前半部分(ネタバレ注意)

http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/

今回は

「街の喫茶店がなぜ潰れないのか?その秘密。教えちゃいます!」

だそうです!

隆子の母がパートを辞めて喫茶店を始めると言い出します。

投資部でもその話題で持ちきりに!

美雪やリン・コウメイ(工藤綾乃)はやめさせた方がいい!と言いますが、神代部長(柾木玲弥)は話を聞いているようではありますが、黙っています…。

一体何を考えているのでしょうか?

隆子の母香里は現在清掃のパート先である商店街の古い喫茶店で、喫茶店経営についていろいろ教えてもらったようだ。

隆子は母が心配なため、美雪、リン、と一緒に母のパート先の喫茶店りんどんへ行き、香里を止めようとします。

香里は、今回の開業は一からの起業ではなく、既にある店舗をそのまま引き継ぎ、家賃も売り上げの10%を払うだけで十分なので、開業資金がほとんどかからないとのこと。

つまり、居抜きで開業するというのだ。

隆子たちは、喫茶りんどんの現在のオーナー夫婦にもお話を聞くことにしました。

オーナー夫婦は肉体的な理由で店をやめようかと決意したわけですが、いざ辞めるとなると、思い出や愛情がいっぱいつまってるお店は取っておきたいと思うようになったそう。

香里に好条件で店を任せ気になった理由は、毎回毎回自分の店でもないのに綺麗に磨きあげてくれる香里の姿を見て、こういう誠実な人にここを任せられたらと思ったからとのこと。

いい話に感動する隆子とリンに、情にほだされず、しっかり話し合うべきだと主張する美雪。

場面は「激論!喫茶店の居抜き開業はアリか!?ナシか!?」というディベート方式に展開。

反対派の美雪は、喫茶店の将来性について、現在のチェーン店やコンビニなどが激しいコーヒー競争を行う中、喫茶りんどんをやっていけるとは思えないとのこと。

それに対し、賛成派は賛成の理由を幾つか挙げます。

  • 40年という実績がある

  • 繁盛なんてしなくていい

  • スリム(最小の人数)

  • シンプル(品数が最小限)

  • スロー(あまり忙しくないこと)

ラーメン店を例に挙げてみる。

人件費とコストを使って行列のできるラーメン店は消耗戦になる。

マスター川柳その1「消耗戦 気付いてみれば 経営悪化」

中年が料理をメインにした商売はダメ、体力がもたないが喫茶店はコーヒーがメイン。

近くに住んでいる人が週に1回か2回来てくれれば良い

マスター川柳その2「喫茶店 周り良ければ 憂いなし」

マーケット管理・どのようなお客さんにどのような商品を提供するか。

これさえできていればOK

うちの店の定番商品 1杯 ¥600 で売る(原価は¥20)

コーヒー豆は数年保存がきく豆を、安く大量購入し、定期的に焙煎して店で出せば良いから、在庫リスクがかからない=高利益、軽労働、高齢OK

否定派は何の反論も出来ませんでした。

投資部に帰ってきた隆子、美雪、リンはとても悔しそうです。

「10年後の話しをすれば良かったのに。個性とか他店との差別化とか、独自の戦略なしで喫茶店みたいな個人商店が10年後も生き残れるか?って話ですよ。」

と財前。

「ちなみにお前の考える個人商店の個性とは、差別化とはなんだ?」

と神代部長が財前に質問します。

「例えば、オリジナルのパンケーキを提供するーとか。」

と財前。

「今更パンケーキで個性だと?

ハッ、そんなものはただの、アイディア泥棒だろォー!?

そもそも軽食を出せば仕入れと仕事量が増えて、経営の負担になる!

評判が上がれば客数が増えて人も雇わなくてはならない。

つまり、3S(スリム、シンプル、スロー)に反するんだよ!」

財前だって負けていません。

「でも、経営には成長が欠かせないでしょ!現状維持では衰退する一方じゃないですか!」

「フンッ(鼻で笑う)、何処かで聞いた月並みな意見だな。

それもただの、理論泥棒だよ!

企業を経営するなら成長しなくてはいけない、だが個人商店は違う!

個人商店にとって成長と拡大は、悪魔の囁きなんだよ!

商売する人の耳元で悪魔は囁く。

もっと売れ〜もっと広げろ〜もっとぉ…でもそれは、3Sに反し、結果的に失敗するんだ。

パンケーキという名のプレッシャーに板挟みにされてな!」

財前が、放課後喫茶店会議に参加しようと思った矢先、ゼンさん(渡辺哲)が来て、

「繁富様がお話しがあるとのこと。放課後お屋敷に来て欲しいと。」

財前「えっ?なんで?何かしましたか?」

どうしたんでしょう?

なんだ〜?なんの呼び出しだ〜?

スポンサーリンク

ドラマ【インベスターZ】第8話の後半部分(ネタバレ注意)

http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/