「チアダン」の最終回が放送されました!

前回は部長のわかば(土屋太鳳)が足を痛めて「大会には出ない」と言い出し、一体どうなってしまうかと思いましたね。

ROCKETSの思いがまたひとつになり、全国大会へ向けて練習あるのみ!!

入院していた太郎先生(オダギリジョー)も無事退院しましたね!

今日はいよいよ最終回!

早速あらすじを見ていきましょう!



ドラマ「チアダン」を無料で視聴したい方はこちら

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第10話(最終回)のあらすじ

第10話(最終回):全米制覇へ…夢を叶える最後のダンス

東京で行われる全国大会。

その会場の大きさに圧倒されるROCKETS。

汐里(石橋杏奈)はかつて所属していたダンスチームと会い、思わず逃げてしまう…。

その様子を心配そうに見つめる茉希(山本舞香)。

いざ!全国大会!!

なるか!?

「打倒JETS!!」

それではいよいよ最終回のネタバレ、していきますね〜!!

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第10話(最終回)の前半部分(ネタバレ注意)

http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

全国大会まであと1日!

東京入りし、会場の下見に来たROCKETS。

建物があまりに大きいため、圧倒されるメンバーもいる中、わかばが、

「スゥ〜空気飲んだ。大会の空気に飲み込まれんように、こっちから飲み込んでやれば良いが。」

その一言で笑顔になるメンバー。

わかばは部長であり、ムードメーカー。

こんな部長、理想ですよね〜!!

汐里は、昔のチーム仲間と会った途端逃げ出してしまいます。

茉希が後を追い、

「昔の仲間とか昔の自分とか、向き合うのは確かにちょっと怖い。

やけど逃げずに向き合えば前に進める。

って私に教えてくれたのは汐里やよ。」

と、声を掛けます。

確かに茉希をチアダンスに誘うとき、汐里がそんなこと言ってたような…。

持ちつ持たれつですね。

ROCKETSはJETSとも顔を合わせ、お互いベストを尽くしましょうと言葉を交わします。

とても遠くに感じていたJETSの背中が、もう遠くない。

そんな風に思えるようになるまで、ROCKETSは努力を重ねてきました。

今日で最終回、ROCKETSの頑張りを見れなくなると思うと、とっても寂しいです…。

「JETSに勝って、絶対にアメリカ行こっさ!」

改めて決意を固めるメンバー。

明日は全国大会、それぞれが今の気持ちを語ります。

「打倒JETS!目指せ全米制覇!!」

この汐里の言葉が、ROCKETSをここまで連れて来てくれました。

大会当日。

汐里が昔の仲間に話しかけると、ROCKETSの快進撃を称えられます。

そして、再会を懐かしむかつての仲間たち…。

その様子を笑顔で見守るROCKETS、仲間のことを自分のことのように感じているのが伝わって、感動しました。

福井西高校の関係者も会場に到着し、先生たち、友達、家族などと話しをします。

春馬(清水尋也)の姿が見えず、汐里はわかばに「探して来なよ。」と言います。

今までの汐里なら「私探してくる!」と言いそうなのに、汐里は春馬の隣はわかばに譲るつもりのようですね。

外にいた春馬は、わかばに会うなり

「がんばれー!ROCKETS!がんばれー!藤谷わかば!!」

と大声でエールを送ります。

そして、

「お前らは、もう誰かを応援するだけじゃない、応援される人になったんや。」

と言います。

春馬、良いこと言う〜♪

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第10話(最終回)の中盤部分(ネタバレ注意)

http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

決勝大会開幕。

会場は拍手まで沸き立ちます。

エントリーナンバー1、東京学館浦安高校「Candytuf」の演技が始まりました!

さすが全国大会、レベル高いです。

場面は変わり、エントリーナンバー6、福井県立福井中央高校「JETS」の演技です!

会場は大歓声!!

盛り上がっています!

素晴らしい演技です!!

楽しい!カッコいい!元気が出る!

やっぱりJETSは凄い。

一方控え室で緊張しまくりのROCKETS。

その様子を見ていた太郎先生は、大きく息を吸って見せ、

「ほら、会場の空気、飲むんでなかったか。」

と言います。

「そうやったの。自信を吸って〜不安を吐き出せ〜」

深呼吸をするメンバーたち。

あおい(新木優子)コーチからは、「楽しんで来て。」とエールをもらいました。

太郎先生は、

「みんな、ホントにすごいの。

ずっと夢見てきた場所に、ホントに来てもうた。

できっこない夢って笑われて、恥ずかしいこと、悔しいこと、いっぱいあったよな。

けど、自分に負けんかった。

ROCKETSのダンスを見てると、元気になるんや。

辛いことがあっても、明日は頑張ろうって思える。

やで、君らのダンスで、みんなを笑顔にしてきてくれるか。」

と声を掛けます。

心に沁みますね〜!

行け行けROCKETS!

打倒JETS!

「よし!円陣!」

わかばの声掛けで1つの輪になるROCKETS。

わかばが続けます、

「打倒JETSじゃないの。

だってJETSは、私たちをここまで連れてきてくれたんやもん。

私は、ありがとうって伝えたい。

私たちのダンスで、ここにいる人たちみんなに、ROCKETSを支えてくれた人たちに、太郎先生に。」

妙子(大友花恋):「わたしも、伝えたい。」

麻子(佐久間由衣):「今、ここにある気持ち。」

茉希:「ありがとう、って。」

汐里:「伝えよう。心を込めて。」

頷くメンバーたち。

そして、アナウンスが流れます。

エントリーナンバー10、福井県立福井西高校「ROCKETS」の演技が始まりますよ!!

「行こう。」

「どこまでも高く飛べ!」

「ウィアーーーーーROCKETS!!フーーーーー!!!!!」

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第10話(最終回)の後半部分(ネタバレ注意)

http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

演技が始まり、ROCKETSのメンバーの笑顔が咲きます。

みんな、輝いています!!

個人的な感想ですが、人と人との間隔が狭く、よく激しい動きがぶつからずにできるなあ、と心底感心したJETSの演技には及びませんが、とっても素晴らしい演技でした!

カッコ良かったです!!

そして、ついに!

結果発表ー!!!

第3位、ROCKETSは呼ばれませんでした。

みんなで手を繋ぎ合い、目を閉じて結果発表を待つROCKETS。

第2位、福井県立…

福井西高校「ROCKETS」!

よ、呼ばれちゃったよ!

わかばも汐里も、他のメンバーも、「え?」っていう目、表情をしています。

中には悔しそうな顔をしているメンバーも…。

ROCKETS関係者もROCKETSと同じでした。

手放しでは喜べない、でも精一杯の拍手を送りたい、そういう感情が伝わってくるようです。

そして第1位、福井県立福井中央高校「JETS」!!

授賞式も終わり、ROCKETSのメンバーは抱き合って悔し涙を流しています。

「みんな、よくやった。ホント。よくやったよ。」

あおいコーチが声を掛けます。

妙子:「終わってもた。」

麻子:「終わってしまったの。」

穂香(箭内夢菜):「負けてもた。」

わかば:「夢、叶わんかった。アメリカ行けんかったの。」

抱き合って泣き続けるROCKETSのメンバー。

太郎先生:「でも、みんなキラキラしてたぞ。キラッキラッしてた。」

わかば:「そっか、あたし、夢叶ったかも。

うん、叶ったんや。

だって、子供ん頃に見たあの人たちみたいにキラキラできた。

最高に楽しかった。

あたし、夢、叶ってもた。」

茉希:「なんやそれ。(笑)」

わかばがポジティブ発言をしたことで、徐々に笑顔になるメンバーたち。

ROCKETS関係者も勢ぞろいで待っていてくれました。

拍手をしながら

「よくやった!!」

とか

「良かった!」

「胸張って帰ってこーい!!」

などと声を掛けてくれています!

わかば:「みなさん、応援ありがとうございました。」

メンバー全員:「ありがとうございました。」

太郎先生:「みんな、そうやってずっとずっと笑っていて欲しい。君たちは、僕の奇跡だから。」

集合写真を撮り、福井に帰ろうと歩くメンバーたちの姿を最後に、最終回が終わりました。

ドラマ【チアダン】第10話(最終回)のまとめ

ROCKETS、優勝できませんでした。

やはりJETSにはかなわなかったか。

それでも、みんなが笑顔でダンスする姿は心を揺さぶられました〜。

キレッキレですよね。

ドラマのために、チアダンスをここまで仕上げたROCKETSの皆さんには脱帽です。



ドラマ「チアダン」を無料で視聴したい方はこちら

ちょっと最後の方は駆け足で進んでいったストーリーでしたが、毎度毎度いろいろ問題が起きながらも、結束を固めていくROCKETSの姿を見るのが楽しみでした。

また、チアダンスがこんなに元気をくれるとは知りませんでした。

チアダンスの良さを教えてくれたROCKETSのみなさんに感謝感謝です。

またどこかでROCKETSの姿が見れる日を楽しみにしています!!

スポンサーリンク