「チアダン」の8話が放送されました〜♪

前回は妙子(大友花恋)が大会に出れないかも&麻子(佐久間由衣)の恋&北信越大会ととても忙しい回でしたね!

特に北信越大会では念願の優勝を果たし、感動感動の出来事でした!!

一つ一つの問題を乗り越え、さらに結束が高くなったROCKETSでしたが、今回また新たな危機が!?

早速あらすじから見ていきましょう!



ドラマ「チアダン」を無料で視聴したい方はこちら

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第8話のあらすじ

第8話:〜仲間と踊るため…あたしは信じる〜

北信越大会が終わり、次は関西予選大会に向けて練習をするROCKETS。

わかば(土屋太鳳)を始め3年生は、卒業後の進路について決めて行く時期で、みんなそれぞれに進路を決めていきます。

汐里(石井杏奈)はというと、両親の離婚後、ほとんど連絡を取っていなかった父親から、

「アメリカに転勤になったから一緒にアメリカに行ってチアダンスをしないか」

と連絡が入ります。

本場アメリカでチアダンスを学ぶのが夢だった汐里の決断はいかに!?

では早速ネタバレしていきます!

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第8話の前半部分(ネタバレ注意)

http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/