「ケンカツ」第6話が放送されました!!

先週の生活保護申請者・島岡光(佐野岳)さん、かなり病的な感じでしたよね!

生活保護は受けたいけれど、援助を申し出てくれている父親には会いたくないし、何も話してくれない…。

挙げ句の果てに、父親・雷(小市慢太郎)が会いに来るとわかると、逃げて逃げて、電車めがけて飛び込もうとしていましたね。

果たして島岡の安否は!?

まずあらすじから見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第6話のあらすじ

第6話:親子の謎解明!迫る父の恐怖

生活保護申請の際の「扶養照会」を頑なに拒否するも、事情に関しては何も話してくれない島岡光。

えみる(吉岡里帆)は、京極(田中圭)の指示で扶養照会を強行します。

すると、父親は息子を援助する意思があり、京極は親子を会わせるようにえみるに指示。

えみるたちが父親と会わせようとしているとわかった島岡は、逃走し、自殺をしようとします。

自らの判断がこの状況を招いたと感じた京極は、この件は全て自分の責任で対応すると宣言します。

面会できるようになった島岡の元へ向かうえみると京極。

そこで聞いた島岡親子の関係とは?

早速ネタバレしていきます!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第6話の前半部分(ネタバレ注意)

https://www.ktv.jp/kbss/