「ケンカツ」の第8話が放送されました〜!

前回は働く意欲がないと思われていた利用者が、実は識字障害という周りが気付きにくい障害を持っていることが判明し、担当の栗橋(川栄李奈)が利用者の就職活動に奮闘するというストーリーでしたね。

それにしても生活保護って、本当に色々なケースがあるものですね。

さて今回はどんなストーリーが待っているのでしょうか?

ネタバレに入る前に、まずはあらすじを見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第8話のあらすじ

第8話:クズ男の真実…死の病との壮絶な戦い!

えみる(吉岡里帆)担当の利用者赤嶺岳人(音尾琢真)が、過度な飲酒により膵臓を壊し、病院に救急搬送されます。

赤嶺はアルコール依存性ですが、本人は自分がアルコール依存性であるということ、アルコール依存性の恐ろしさを十分理解できていない状態…。

えみるは赤嶺、そしてアルコール依存症とどのように向き合っていくのでしょうか!?

それでは早速第8話のネタバレ行ってみましょう♪

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第8話の前半部分(ネタバレ注意)

https://www.ktv.jp/kbss/