吉岡里帆さん主演のお仕事ドラマ「ケンカツ」の最終話が放送されました〜。

前回、以前からえみる(吉岡里帆)が気にかけていたハルカ(永岡心花)の元へ、失踪していた母・梓(松本まりか)が帰ってきました。

母親の介護と育児を両立するので、自分も生活保護を受けたいと申し出でた梓でしたが、申請の許可が下りたら、母親をショートステイに預け、自分は家を空ける日々。

空腹にも孤独にも耐えられなくなったハルカはえみるに連絡し、児童相談所に一時保護されることに。

一向に連絡のつかない梓に対し、えみるは生活保護費を窓口支給に変更し、梓からの接触を待つことに。

お金が振り込まれないことに怒った梓は、男連れで東区役所の窓口に現れ…。

それでは早速、今回のあらすじをみていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】最終話のあらすじ

第10話(最終話):命守るべき最後の砦…私たちができること

かなり怒った状態で、東区役所の窓口にやってきた梓。

娘の心配より金に執着する梓に対し、

「ハルカちゃんはいずれ養護施設に預けることになるかもしれない」

と言うえみる。

梓は顔色を変えます。

お金がもらえないと知った梓に同行した男は暴力に走り、半田(井浦新)や京極(田中圭)が止めに入る事態に。

日を改めて梓と対峙するえみるは一体何を話すのか?

梓は冷静に話をすることができるのか?

一方阿久沢(遠藤憲一)の娘、麻里(阿部純子)は、子どもを産むかどうか迷っていましたが、麻里が出した結論とは!?

では最終話、ネタバレしていきまーす!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第10話(最終話)の前半部分

https://www.ktv.jp/kbss/