みなさん!

ケンカツの第5話が放送されましたよ!!

前回は責任感の強いシングルマザー・岩佐朋美(安達祐実)が精神的に追い詰められているところを、生活課のチームワークで朋美に精神科受診をしてもらい、社会復帰に向けて準備してもらうところまでもって行くことができましたね。

さて、今回の利用者はどんな事情を抱えているのでしょうか??

娘と再会した阿久沢(遠藤憲一)は??

まずは今週のあらすじを見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第5話 あらすじ

第5話:親子の謎を解け!対立!半田VS京極

ある男が生活保護を受けたいと生活課に相談をしにきます。

相談者が家族のことなど何も話そうとしないため、京極(田中圭)は「扶養照会」を進めるよう指示しますが、そのことで京極と半田(井浦新)は対立することに。

温厚な半田が京極と対立!?

一体どうなるのでしょうか!?

では早速第5話、ネタバレしていきます!

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第5話 前半部分(ネタバレ注意)

オペラ音楽をBGMにある男が東区役所を訪れ、生活課をウロウロしています。

オペラは男がヘッドフォンで聞いている音楽のようです。

「生活課に何か用ですか?」

と生活課の職員栗橋(川栄李奈)に声をかけられ動揺した男は

「なんでもないですけど」

と小声で言いながら動揺した状態で後ずさりする。

男が小銭を落としたので、職員の後藤(小園凌央)が拾うのを手伝おうと手を伸ばして、その手が男に触れると、男は突然叫び、飛び上がります。

かなり動揺しているようで、「普通」ではない様に見えます。

男は小銭を拾い集めるとそのまま逃げるように帰ってしまいました。

場面は変わり、えみる(吉岡里帆)が実家に帰省しているシーン。

孫の結婚はまだかと心配している祖母、父母の前で、

「結婚とかする気ないからね。もっともっと人のこと、世の中のこともっと知りたい。人の気持ちがわかるような人間になりたいって思ったの。だからそれがわかるまでは今は仕事頑張る。」

と、頼もしいセリフを言うえみる。

えみる家族の愛や絆が垣間見える場面でした。

帰りの電車に揺られながら、えみるのナレーションが入ります。

「いろいろな家族がある。

人と人とのつながりが薄くなったと言われる今。

家族だけが確かな繋がりを感じさせるものなのかもしれない。

けれども、いたらいたで厄介なのも家族だったりして。

それぞれが、それぞれに複雑な想いを持つ最小単位の生活共同体。

良くも悪くもそのしがらみから逃れることは難しい。

でも私たちは知らぬ間に囚われているのかもしれない。

家族のあるべき姿にー。」

家・家族は生活の基盤ですからね。

一緒に住んでいても、住んでいなくても、家族だということには変わりありません。

今回えみるたちが関わる家族はどんな事情を抱えているのでしょう?

東区役所に、先日挙動不審だったあのオペラを聞いていた男が現れます。

今度は窓口で

「生活に困っていて、生活保護受けたいんですけど。」

と言う男。

職員が男と面談し、男の名前は島岡光(佐野岳)で所持金が43円と判明。

島岡によると、鬱のため、現在仕事をしておらず、公園やネットカフェで寝泊りしている模様。

職員が島岡の家族について質問すると貧乏ゆすりを始め、

「もう何年も会ってないし、母が高2の時に亡くなりました。」

と回答。

父親のことを尋ねると、貧乏ゆすりが激しくなり、

「む、無理なんで」

と、かなり落ち着きのない様子を見せる。

島岡の対応をした職員は、今日から寝泊まりする場所「あおい荘」の案内をします。

島岡の件を聞いた京極は

「なんでこんなの受理しちゃうかな。」

とひと言。

何を聞いても、

「わかりません、知りません、鬱なんで」

を繰り返す島岡は、扶養照会を拒み、住所や連絡先が空欄の申込書を提出していた。

京極は、島岡の保護を決定するかどうかの調査をえみるに指示します。

また京極は、扶養照会はする方向だと付け加えます。

扶養照会とは

生活保護申請者の親族に生活保護を申し出たその人を援助できるかを確認すること

で、援助できる親族がいれば、その援助を優先的に受けることになっています。

場面は変わり、島岡の件とは別に、同期の桃浜都(水上京香)が受給者の水原を訪問しているシーン。

何年も息子と音信不通になっている受給者に、こちらも扶養照会を勧めますが、

「これ以上息子に迷惑かける訳にはいきませんから。」

と扶養照会を断る水原。

「息子さんだって会いたいと思っているかもしれませんよ」

と希望を持たせる桃浜。

場面は役所に戻り、島岡の元へ訪問に行く前に、半田に相談するえみる。

「まずは本人が一番しんどいことを共有する、が最優先ですからね。」

というアドバイスをもらいます。

早速島岡が生活しているあおい荘を訪問。

談話室に移動する際に同室の男に

「がんばれよ、若者!」

と右肩に手をぽん!と置かれた島岡ですが、「普通」であればここで「はい、ありがとうございます。」などと返すと思いますが、島岡は無言な上に、触れられた右肩が気になるようで、しばらく右肩を触っています。

潔癖性なのでしょうか?

やはり島岡には少し変なところがあります。

家族からの仕送りや、父親の職業に関して聞かれた島岡はまた落ち着きがなくなり、貧乏ゆすりが大きくなります。

えみるは扶養照会の説明などをしますが、島岡は相変わらず扶養紹介を頑なに拒む。

「連絡はちょっと・・・。したくないししないでください。無理なんで。」

と島岡。

えみるが扶養照会について詳しく説明すればするほど、島岡は落ち着きのなさを見せ、えみるの話を遮るように、

「無理ですね」

と一言。

理由を聞かせてくださいとお願いするえみるでしたが、島岡は何も言わず、激しい貧乏ゆすりと落ち着きのなさを見せるのみ。

「お父さんに生活保護のこと知られたくないんですか?今までに多大な借金をして迷惑をかけているとか、感情的な対立で今更頼れないとか?勘当されているとか?」

なんとか理由を聞き出そうと必死になるえみるでしたが、島岡は瞬きの回数が多くなり、貧乏ゆすりも激しくなる一方。

えみるが必死で説明している時に、あおい荘の住人は後ろで言い合いをしていてイライラしたえみるが、

「うるさいなあ!」

と大きな声を出すと、島岡は顔を片腕で覆って

「大きな声出すのやめてもらっていいですか。鬱なんで。」

と、怯えた様子で小さくなるのでした。

島岡は、鬱?なのか??

スポンサーリンク

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】第5話 中盤部分(ネタバレ注意)

https://www.ktv.jp/kbss/